ケアワーク北多摩は西東京市の在宅介護(居宅介護支援・訪問介護・障害者総合支援・ひとり親ホームヘルプ・家政婦紹介)事業所です。

ケアワーク北多摩

社内研修

後見人(成年・市民)の理解を深める研修

市民後見人の講座受講を通して学んだ課題活動の一環として会社の職員およびヘルパーのみなさんに対して「後見人に関する研修」を開催しました。

研修内容は、成年後見制度の基本的概念、理解し易いように平成12年に成年後見人制度と介護保険制度が同時にスタートしているので、両方の共通点から入り、障害者自立支援法との関連、成年後見人の職務から勉強している市民後見人の役割、地域との連携、営利法人としての役割、今後の市民後見人の果たしていく使命・倫理等に関して行いました。

アンケートの中で、多くの職員等が後見人の活動を知っており、大切な制度であり、今後、より必要性が増してくる重要な役割であるなどのアンケートをいただいています。

(株)ケアワーク北多摩 代表取締役 町田 富士雄

次回ヘルパー研修の日程

令和6年 第2回ヘルパー研修

日時 令和6年6〜7月予定
内容 「 食中毒・介護技術予定 」
講師 講師予定
場所 フレンドリー予定

過去の研修レポート

>>最新の研修レポート
>>令和5年の研修レポート   >>令和4年の研修レポート   >>令和3年の研修レポート  
>>平成31年の研修レポート   >>平成30年の研修レポート   >>平成29年の研修レポート
>>平成28年の研修レポート   >>平成27年の研修レポート   >>平成26年の研修レポート
>>平成25年の研修レポート   >>平成24年の研修レポート   >>平成23年以前の研修レポート  

研修レポート

令和6年4月7日 第1回ヘルパー研修
「 職業倫理・法令遵守・プライバシーの保護 」

・ご利用者との関係を、気を付けながら仕事に取組みたいと思います。
 個人情報の保護を守りながら、やむを得ず集合住宅などでご理解と協力を得るために障りない範囲でお伝えすることもある。 またご利用者が同じところに入っている別のヘルパーの話をすることがあり、受け答えに注意しています。
・久しぶりの研修でとても参考、勉強になりました。これから行うケアを丁寧に説明したあと行うとの事、通っている歯科と同じだと思いました。利用者様に分かりやすいケアをと改めて思いました。
・介護保険法の理念に基づいた訪問介護の不適切事例を学び、改めて自分の仕事を見直す機会になりました。「考えてみましょう」のテーマでヘルパーが訪問時にありそうなケースについてグループで話し合い、意見交流出来て今後の仕事に役立つ内容でした。
・体験した話も交えて興味深く聞けました。長く入っていると、つい気が緩むことがありますが研修で学び直すことが出来ました。
・外出中に事業所に電話をかける時は、利用者様の実名を使わない方が良いと思いました。
・研修に参加し改めて訪問介護の難しさを感じています。分からない事は担当者に聞いたり相談したりして行きたいと思いますが、研修だけではなくヘルパーとの意見交換の場を作って頂けたらと思います。
・法令遵守、プライバシー保護、倫理の理念について分かりやすく実例も上げてくださってとても勉強になりました。どうしてもまだ理念などが自分に徹底されていなくて、戸惑ったり間違ってしまったりが多く悩む所でもありましたが、そうしないといけないかという事が少しずつ理解出来てきたように思いました。また今回は座学でしたが、グループ分けして下さって日頃報告書でお名前を知っていて是非お話してみたい方々と同じグループでお話させて頂けて大変うれしかったです。ありがとうございました。
・講師の伊達先生のお話はとても分かりやすく勉強になりました。本人に聞かずに全部やってしまえば自立支援にならないため、利用者様中心に行う。訪問介護の仕事は介護保険法や障害者総合支援法などの社会保障制度のもとでサービスが提供されているので、「ほうれんそう」報告・連絡・相談や「こまつな」困った時・迷った時・辛い時・悩んだ時は、まず事務所に連絡してサ責さんに相談する事が大事だと思いました。ケアマネさんのケアプラン(目標・目的)をよく理解に入れる事も大事だと思いました。同じグループのヘルパーさん達の意見やお話が出来て良かったと思います。
・それぞれの項目において講師さんが沢山の事例を出してお話して頂き、とても分かりやすく学びになりました。特に訪問介護の不適切事例では、訪問介護で行うことが認められない理由がよく理解出来ました。
・今回の研修で、ヘルパーとして重要な法令遵守・プライバシー保護・倫理及び接遇を学び、改めて認識させて頂いた事、グループで話し合った事、他のグループで出た話も大変勉強になりました。また訪問介護の不適切事例についても、あり得ることなので改めて認識させて頂き良かったと思います。大切な事は日頃利用者様の立場を尊重し、思いやりを持って優しく接してあげる事。何かあったらすぐに事務所に連絡する事等、日々心掛けながら安全にサービスを行うよう、これからも頑張っていきたいと思います。
・数人ごとのグループワーク良かったです。他のヘルパーさんとは普段会う機会がないので、今回お話が出来てとても楽しかったです。
・法令、プライバシー保護等、理解しているつもりではありますが、改めていろいろ勉強になり、知る事が出来ました。報告・連絡・相談をする事を頭に入れ、仕事していきたいです。他のヘルパーの方達と話が出来てとても有意義でした。
・サービスのグレーゾーンにぶち当たる事がありますが、その場で判断しないということが分かりました。
・介護で法令・プライバシー保護・法律の規則がいかに大切を学ぶ事が出来ました。研修の中の事例では個人情報の適切さ、プライバシーを尊重する大切さを感じました。一方仕事でプライバシーの保護の徹底の難しさを感じた事もあり、今後研修で学んだ事を理解し、より良いサービスが提供できるように心がけたい。

令和6年2月18日 安全衛生委員会主催研修
「メタボとフレイルの研修」

【感想】
いつも研修企画下さりありがとうございます。
・メタボの3文字、ギリギリラインの私ですが心して生活せねばと改めて感じさせていただきました。
・フレイルについては、健康と寝たきりの生活の中間点をいかに楽しく、人と関わりをもって行きていくかがたいせつなんだなぁ。 ご利用者さん達と常に歩き、接しさせていただいていることに感謝です。

042-461-8230
HOME
・更新情報・お知らせ
居宅介護サービス
・介護保険を利用するには
・居宅介護支援
・ケアプラン作成の流れ
・介護のこと何でもご相談下さい
訪問介護サービス
・訪問介護とは
・介護予防・日常生活支援総合事業サービス
障害者支援サービス
・障害者総合支援サービスとは
・サービ内容
自費サービス
・看護師・家政婦(夫)紹介業
・請負ホームヘルプ
ひとり親ホームヘルプ
・ひとり親ホームヘルプサービスとは
・派遣対象家庭
・援助回数と派遣時間
・援助の内容
会社概要
・組織情報
・沿革
アクセス
・所在地
・MAP
個人情報保護
・個人情報保護に関する規定
・個人情報保護に関する方針
求人募集
・登録ヘルパーからの声
・募集要項
社内研修
・後見人の理解を深める研修
・次回ヘルパー研修の日程
・過去の研修レポート
・研修レポート
スタッフ紹介
・代表取締役・統括責任者